HOME > 障害者雇用


障害者雇用

障害者雇用に対するイメージを変えます。

「障害者雇用促進法」で障害者の雇用義務が事業主にはあります。
今まで対象になっていたのは身体障害者と知的障害者でしたが、2018年4月1日から精神障害者も雇用義務対象に加わりました。
厚生労働省 平成30年4月1日から障害者の法定雇用率が引き上げになります
ただ法律ができて解決した訳ではありません。これからは職場で障害者が身近になることでしょう。

以下の項目に当てはまることがありましたら、ご相談ください!
・障害者の法定雇用率が未達成で、障害者雇用納付金を納めている。
・実は、障害者雇用納付金よりも、罰則としての「企業名の公表」が困る。
・障害者雇用に抵抗がある。
・そもそも障害者に任せられる仕事が存在しないと思っている。
・どの障害の障害者を採用したらいいのかわからない。
・例えば、車いす対応のトイレなど、特別な環境整備がないまたは建物の構造的にできないの
 で、障害者を受け入れられないと思っている。
・既に障害者雇用をしているが○○○で困っている。
・半年以内または数年で自己都合退職してしまう。(障害者は裏で「定年まで〇〇〇で働けな
 い」と愚痴をこぼしている現状)

障害者雇用をスマートに行います。



 

雇用環境整備士資格(第Ⅱ種)を取得しました。
第Ⅱ種は「障害者雇用」です。障害者を雇用するために組織の職場環境を整備できる専門知識者のことです。
スキルアップして職務の幅を広げるために取得しました。

障害者雇用も「ヒト」が大切です。


経営の三要素は「ヒト・モノ・カネ」といわれていますが、やはり「ヒト」がすべてといっても過言ではありません。
障害者の雇用をしても現在、障害者のやっている仕事に対して、なかなか結果を数字で表せないものがあります。
それをどのように感じているかは経営者などの個人差もありますので評価も分かれますが、せっかく障害者の雇用をするのであれば、何とか工夫をして「見える化」で表すことが大切だと思います。それが障害者のやりがいのある仕事にもなり、お互いの信頼関係が築けます。
※障害の特性でこの条件が入らない障害もあります。

いま障害者を取り巻く環境では、「障害者雇用」をキーワードとしたさまざまな変化が求められていて、常に改善への取り組みを続けていると思います。
これからは障害者雇用率制度があるから数合わせで雇用するのではなく、障害者も戦力として、能力を発揮できる部門・部署に配属・新たに部門・部署を新設したいと考えています。
まだ企業や社会的にも障害者の受け入れ体制から問題もありますが、障害者雇用に対するイメージを変えます。

まずは障害者を受け入れる部門・部署の上司・同僚(部下)に対して、当事者のプライバシーに配慮した上で説明をし、協力を求めることも必要です。
例えば、経営者が障害者雇用に理解を示しても、上司・同僚(部下)が障害者に理解がない場合もあります。
理性では理解できても、障害者に対して、生理的に受け付けない方も多くいらっしゃいます。

パワハラなどの問題があったとき、就業規則などを変えたりしても「仏作って魂入れず」では、また同じことの繰り返しにもなりますし、「合理的配慮」といわれても分かる人はいないと思います。
基本は障害者の不安を取り除く相談できる態勢づくりが大切だと思います。
「飲み会をすれば親睦が深まる」という、古い考えも間違えています。
それは皆様(健常者)と同じ発想ではないでしょうか。

「障害者雇用」が幹で、「仕事づくり」「バリアフリー」「企画アイデア」「イベント・講演」「障害者こころのサポートルーム」「障害者の職域を拡大します!」が枝葉です。
どれか1つが欠けていると障害者雇用はうまくいきません。
※お客様の該当するカテゴリーをご覧ください。

セーフティーネットがしっかりしていると、社会保障と一緒でうまく機能ができます。


あくまでも主役は働く障害者であり、私たちは黒子として経営者にアドバイスをしていきます。1人でも多くの障害者が、仕事を通じて社会参加が果たせるようお手伝いをさせていただければと思います。
例えば、営業職や技術職などの体を使う職種の「健常者」が、急に病気・怪我または事故によって「障害者」になったとき、障害者雇用がうまく機能していれば「配置転換」だけで済むので、仕事を辞めることなく続ける利点があります。
企業もセーフティーネットがしっかりしていると、社会保障と一緒でうまく機能ができます。
そういう訳で、健常者の方にも障害者雇用は障害者だけのことではなく、「明日は我が身」と考えていただければ社会全体の利益にもなるのです。

最悪な職場で問題が起こって外部に知られても認めない。必死に隠そうとしたりまたは障害者に対して仕事の評価・人格を否定したりする傾向がありますが、昔から同じことをするところは悪質なので必ず変わりません。
むしろ組織で巧妙になるので、違う意味でこの能力を本来の仕事に費やした方がいいと思うですが。。。
最悪な職場環境を知っている者たちしか分からない創造的な雇用環境をお伝えします。

障害者手帳を見ても、障害を負った理由を聞いても絶対、障害者のことは理解できません!


人の本質を見極める目利きのプロが断言します。
〇〇〇障害についてこういう傾向はありますが、障害者のマニュアルはありません!
障害者雇用は将来的には高齢者雇用につながり、「体が不自由になる自分たちの未来を準備している」のだと最近よく思います。
「障害はその人にあるのではなく、環境がつくるもの」という考えです。

もし、障害者のことを理解してくれるのであれば、障害者手帳の内容と障害を負った理由を記載したプラカードを首に下げて生活します。
障害者手帳は見ても障害者のことは分かりません。
なぜなら障害者手帳は「サービスを利用するためのもの」であって、本人(障害者)を表すものではありません。
当然、面接や会話で障害を負った理由を聞いても絶対、障害者のことは理解できません。
むしろ障害者から警戒されてしまう可能性がありますのでご注意ください。