HOME > バリアフリー



バリアフリー

ユニバーサルデザインを基本理念としています。

障害者雇用をするための環境整備としてバリアフリー化の改修を行う。それを固定概念にとらわれなければ、間違いではないので構いません。
仮に障害者を受け入れるハード面が整備されたとしても、ソフト面の対策(思いやりのこころ=こころのバリアフリー)がなければ、本当の意味でのバリアフリーにはなりません。
「仏作って魂入れず」のようなことはご提案しません。

いま障害者や高齢者だけのバリアフリーではなく、多様な個性を持ったすべての人が安心して生活するためには、ユニバーサルデザイン化が必要とされています。
ユニバーサルデザインは、「思いやりのこころ」「情報」「サービス」など形がないのも含まれます。

オフィス・店内環境などのハード整備


障害者が働きやすいオフィス環境は当然、女性にも好評です。
妊娠中は転倒に対する恐怖や不安がありません。また、重い荷物などを運ぶ際にキャスターを使うことができるなどの効果もあります。
フロアの段差など物理的な障害から、多目的トイレ・着替え室・休憩室など精神的な障壁を取り除くのも含めています。ユニバーサルデザインを基本理念としています。

お客様や取引先が来て「うらやましい」と思ったオフィス環境は、社風ひいては商品もこだわっているように思われます。
そういうところは自然と、5S(整理・整頓・清潔・清掃・教育)が徹底されています。
※「躾」という言葉が嫌いなので「教育」としています。

店内環境をユニバーサルデザイン化したことで、今まで来店できなかったお客様が来てくれたり、利用しづらいと思っていたお客様の来店回数が増えて儲かったという道筋を築きます。
「障害者に優しいと、すべての人に優しい」こともあり、すべてのお客様にも喜ばれて「みんなに優しいお店づくり」となります。
意外と知られていませんが、従業員の作業効率も上がり結果、CS(顧客満足)・ES(従業員満足)向上にもつながります。

私どもがコンサル業務を引き受けた場合、経営者とのヒアリングや施設面など社内調査を行った後、経営者に報告をかねて改善提案します。
図面があれば改修工事を検討する際、邪魔をする配管・電気系統などを一つ一つはぐってある程度判断ができる能力・提言もできます。

最近見かけるのは、とりあえず手すりをつけましたので、障害者や高齢者に優しいです的なところは、かえって薄っぺらい考えが透けて見えます。
なぜダメなのか実際に見せてお伝えします。

「バリアフリー対応施設」みたいですが、本当に大丈夫ですか?
バリアフリー対応施設を勉強のために確認していますが、8割はダメです。
接客対応もひどいところがありました。

①接客(教育)研修などのソフト対策


接客=「教育」がとても大切です。良い店は接客を見れば分かります。
「障害者に対して良い接客は、誰に対しても良い接客」だと思います。
人を見た目で判断したとしか考えられませんが、こちらが横柄な態度をしていないにもかかわらず、接客対応が悪いと不快です。

なぜ「接客」と思ったのは、2ヶ所検診に行ったときの出来事でした。
最初のところは、受付から会計まで接客対応が最悪なところでした。
次に行ったところでは、受付から看護師・検査技師・医師から会計まで接客対応が良くて、説明も分かりやすく丁寧でした。医院長だと思いますが、トップがホスピタリティに関心のあるところだと気分も良いですし、検診以外でも何かあれば行こうと思います。

他には、競技用車いすを購入しようと店舗に行ったら、今までで一番接客対応が悪かったので、さすがに怒ってしまいました。
当然、他社の競技用車いすを購入しましたが、たとえどんな良い物であっても、接客対応が悪ければ意地でも買いません。

その人の性格から接客対応の良い人はたまに見られますが、接客対応によって企業全体のイメージやトップの考えが分かりますのでとても重要です。
接客マナー研修はできませんが、障害者目線の接客教育・おもてなし研修をします。

覆面調査や社員になりすましての調査を得意としています。
例えば、接客対応の覆面調査に限らず、社員のいじめやパワハラなどのハラスメント問題を調べて早期発見・未然に防ぐことができます。
あらかじめ期間を決めておき、障害者として紛れ込んでも構いませんし、役職をいただき自由に動くことができれば目利き・鼻が利くので、別の大きな不正を見つけることができます。

②こころの啓発(教育)研修などのソフト対策


「障害は障害者が努力して解決すべき」という考えから「障害はその人にあるのではなく、環境がつくるもの」に意識変革させることを目的としています。
「車いすに乗ったり、押したり(介助)する」「目隠しをして白杖(棒)を持って歩く、介助する」体験ですが、小学校・中学校の授業までです。

経営者・人事課に対する研修をします。
障害者研修「見えにくい障害者の困難」
障害者について正しく理解することを目的としています。
同じ障害でも自分とまったく同じ方を今まで見たことがありません。
「障害者が100人いれば100通りの人事制度があっても良いのではないか」ということです。ダイバーシティ・マネジメントを普及させたいと考えています。
例えば、二次障害(患部をかばうので、健常の箇所を痛めて、新たに別の障害が加わる)など障害者雇用の前に絶対押さえておきたいことを分かりやすく説明します。

すべての社員に対する研修をします。
障害者研修「見えにくい障害者の困難」
障害者について正しく理解することを目的としています。
何でも「障害者は楽をしようとしている」などと思われがちです。
例えば、当たり前のように障害者は職場に来ていると思っていますが、見えないところでとても苦労しています。
「リハビリ」と安易にいう方がいますが、眼鏡をかけている人に「眼鏡を外して生活(リハビリ)したら視力が良くなるの?」ということです。
講義だけではなく、ディスカッションや体験を通じて体感します。

社会に訴える提言もします。
公共交通機関において、良心を信じた「優先席」について
ポスターなどで啓発してもお金の無駄なので、そのお金(予算)で、根本的に変えることをおすすめします。
他には、間違えたアナウンスなども変えるべきです。
そういうところこそ、プロのコンサルタントを入れるべきです。
私であれば、道徳の教育にもつなげます。

まちの様子が少しずつバリアフリー化されたのは、障害を持つ仲間が外に出たからだと思います。次は、障害者が働くことによって、職場・社会のバリアフリー化につながることを信じて。。。