HOME > Profile


Profile of Hiroyuki Fujishiro and Kei Ishikura

sakura

Pictogram Artist  Hiroyuki Fujishiro

藤代 洋行  日本生まれ

「障害者に優しいと、すべての人に優しい」をコンセプトに、障害者の抱えている悩みや困難が社会課題を解決する。三方よしのビジネスモデルを実践している。
また、余暇活動を大切にし、スポーツとアートも世界に通用するのかチャレンジしている。

伊勢屋グループ(障害者コンサルタント コズミックSOHO しあわせのハコPictogram Art福祉のセレクトショップ 伊勢屋)の代表。

ピクトグラムアートを優先したいので、ドキュメンタリー映像の制作、手話指文字・点字シリーズのアートのページは消しました。
作品はしばらくお待ちください。



Designer  Kei Ishikura

石倉 京  日本生まれ

2009年にオートバイで世界一周。5大陸28ヶ国、51602km走破。
道路標識などのピクトグラムや多言語表記に興味を持ち、独自に調査、研究をしている。

手話指文字・点字シリーズ 石倉工房ミニ・ソーラー・ジャパン研究所の代表。
自身の考案した「太陽光発電を電源とした電気メガホン」「移動性と安全性を高めた車輪移動式太陽光発電装置」の2件が、実用新案登録される。



Advisor  Tsukasa Shiozaki

潮﨑 宗  日本生まれ

小学生のときに始めたサッカーで鍛えた足腰で、これまでに7回、富士山登頂に成功。

国内特許事務所において、国内外の商標に関する調査、出願をはじめ、異議申立、無効審判に携わるとともに、権利行使や紛争解決のサポートの経験を持つ。14年間の勤務後、2015年1月に独立。

現在、にじいろ特許事務所にて、主に中小企業、ベンチャー企業の知的財産の側面からのコンサルティングに従事している。