ホーム > シリーズの特徴



手話指文字・点字シリーズの特徴

太陽光発電なので、環境に配慮した取り組みをしています。

石倉京氏が考案した、持ち運び式ミニ太陽光発電「コロスケ」です。
名刺に点字を打つ機械の消費電力は10Wと少ないため、ミニ太陽光発電を利用しています。
※撮影のため、ミニ太陽光発電「コロスケ」を台の上に載せています。


働くことに生きがいとやりがいを共有したい!

働くことに生きがいとやりがいを共有し、自立した日常生活、社会生活を営むことができるようにお手伝いします。
名刺に点字を打つ作業は、障害者が行っています。
できれば週20時間以上の常用雇用を目指しています。
※プライバシー保護のため、画像処理で顔にモザイクを入れています。


ピンを入れる作業

ピンを入れる作業

点字を打刻する作業

点字を打刻する作業

名刺の左上に穴あけ作業

穴に紐を通す作業


福祉用具専門相談員の資格を取得しました。

福祉用具専門相談員とは、介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられている専門職です。
スキルアップして職務の幅を広げるために取得しました。


消費者問題マスター講座を受講しました。

消費者問題マスター講座とは、消費者問題について体系的に知識を習得し、地域や職場等での消費者教育等の推進について、中心的な役割を果たす人材の育成を目的とした講座です。
応募の動機は、「手話指文字・点字シリーズを販売しているので、事業者と消費者(両方)の立場から消費者問題について理解し、今後に生かしたい」です。
伊勢屋は、各専門家に相談して積極的にコンプライアンスに取り組んでいます。


eco検定を取得しました。

eco検定(エコ検定)とは、東京商工会議所が主催する民間資格のひとつです。「環境社会検定試験」とも呼ばれています。
3R(リデュース・リユース・リサイクル)に、一人ひとりが取り組んでいくことが求められています。
梱包に用いられる緩衝材はできる限り再利用(リユース)しています。
伊勢屋は、循環型社会を実現していくために、環境に優しい取り組みをします。