HOME > 応募方法・試験方法


応募方法・試験方法

応募方法・試験方法

「応募方法・試験方法」の左に「業務請負契約」がありますので、先に必ずご理解いただいてから、こちらをご覧になってください。

第1次試験


肩書が良くても仕事ができると限らないので履歴書はいりません。
障害者だけと決めているので「障害者手帳の写し」のPDFなどとその後、私の方から仕事がどの程度できるかの実力を測る試験をしたいので「自分は何ができるか成果物のサンプル(企画書でも可)を自分で考えて」メールに添付して送ってください。
①「障害者手帳の写し」のPDFなど
②自分は何ができるか成果物のサンプル(企画書でも可)
①と②を送信した次の日から1週間以内に判断をします。
第1次試験に合格した方は第2次試験となります。

第2次試験


仕事がどの程度できるかの実力を測る試験です。
障害や仕事内容などに応じて、試験の内容は柔軟に対応します。

【参考までに】
「推奨~その2~」にも掲載していますので一部省略しますが、視覚障害の方は、パソコンの文字入力の際に「漢字変換ミス」の傾向が見られます。
そういう訳で、トランスクライバーの例でいいますと、実際にトランスクライバー(テープお越し)をしてもらいます。
※1つ2つ程度のミスがあったから落とすことはありません。事前にいくつ以内と決めていますのでご安心ください。
上記の試験が終わった次の日から1週間以内に判断をします。
第2次試験に合格した方は第3次試験となります。

第3次試験


実際に私とSkype通信をして、環境が適しているかなどの試験とそのときに個人情報保護は大切なので「秘密保持契約書」のご説明をします。
上記の試験のときに合格の判断をするまたは遅くとも1週間以内には最終判断をします。

第3次試験に合格して、かつ秘密保持契約書に同意していただけた方だけを登録させていただきお仕事を紹介させていただく形となります。
※同じ当事者間で、受発注が繰り返される場合を想定し、各回の受発注に共通する事項を「基本契約」、納期など各回の個別の事項を「個別契約」(発注書)として、正式な契約書を交わしますのでご安心ください。

なお、試験および登録料はお金がかかりません。
合格・不合格にかかわらず、本人に通知します。

最初から夢みたいな話はしません!


SOHO しあわせのハコでは、障害者を応援したいので「合理的配慮」はしますが、優遇することは一切ありませんのでご了承ください。最初から夢みたいな話はしません。

伊勢屋の資金と人的資源が限られています。
パソコンのSkype環境などのお手伝いですが、手一杯なのでお断りしています。
このくらいはできないと試験以前の問題だと判断いたします。