HOME > 業務請負契約

業務請負契約

業務請負契約

先にこちらの「業務請負契約」を必ずご理解いただいてから次に、右の「応募方法・試験方法」へお進みください。

SOHOと在宅勤務の違い。


雇用による会社員は労働者となりますので当然、雇用契約を結ばなければなりません。
しかし、在宅就労すなわち「SOHO」は、会社に所属しない「個人事業主」となりますので、前述個人事業主とSOHO しあわせのハコの「業務請負契約」を結ぶ形となります。
なお、政府の後押しで本格導入されようとしている「在宅勤務」は、雇用契約をして自宅で仕事をする形なので、そもそもここが大きく違うところです。
個人事業主=SOHOをやってみようと考えている方に置き換えると、少し分かりやすくなるかと思います。

SOHO しあわせのハコは労務供給者であり、民法第632条の請負「仕事の完成に対して報酬」となりますので、「業務請負契約」となります。
内職は家内労働となりますので、「家内労働法」という法律で労働環境が守られています。
しかし、在宅就労すなわちSOHOは、法律の制限はありません。
そのためSOHO しあわせのハコでは、厚生労働省で定められている「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」を順守し、請負の当事者様の労働環境を整えます。

仕事内容は各個人の障害の程度・生活環境・能力に応じて、お互いの合意(契約)で仕事を決めます。
例えば、データ入力・ホームページ制作・トランスクライバーなどICT(情報通信機器)を活用した成果物になります。
※石倉工房が店舗型の営業形態から、在宅就労であるSOHO形式に移行して、ホームページがありますので参考にしてください。
規模が大きくなれば、障害者の特性で内職も合うので手作業にも進出します。

個人事業主と一緒です。


在宅就労すなわちSOHOが特別ではなく、個人事業主の方と同じ条件です。
雇用契約は雇用主側が各種保険の加入義務があります。
しかし、SOHOではすべて自己責任となりますので、ご自身で国民年金・国民健康保健などに加入しなければなりませんし、確定申告などもご自身でする必要があります。

お知らせ

気を付けてください!
東京都消費生活条例に基づき、東京都消費者被害救済委員会報告にて「在宅ワークの業務提供を前提としたシステム製品等の購入に係る紛争」が報告されています。
併せて、国民生活センターにて「メルマガ作成でトラブル」の注意を呼びかけています。

うちは営業をしません!
もし、SOHO しあわせのハコまたは藤代 洋行(フジシロ ヒロユキ)の名をかたったなりすまし営業があった場合、こちらにお問い合わせしてご確認いただく方法またはお住まいの地域にある消費者センターにご相談ください。

業者はよく見極めて!
トラブルになっているところと大きく違うところは、初期費用請求・研修費用請求などの請求がないところです。
そういう訳で、請負の当事者(障害者)様にはリスクもないですし、大変申し訳ありませんが、こちらも請負の当事者(障害者)様のお問い合わせや請負トラブルも減らしたいのでお伝えできる範囲で正直にお伝えしています。

関連ホームページ

  • 福祉のセレクトショップ伊勢屋
  • 障害者コンサルタント コズミック
  • Pictogtam Art
  • 石倉工房
  • ミニ・ソーラー・ジャパン