HOME > 推奨~その5~

推奨~その5~

障害者が率先して毎日がカジュアルデー

あえてこういった問題から発想の転換で、障害者が率先して「毎日がカジュアルデー」にする活動を広めたいと思います。

見えにくい障害者の困難


サラリーマンといえばスーツ、ネクタイですが、障害が重いほど着替えすら時間がかかりますし、体力も使います。
通勤の問題以前に、着替えで体力を消耗する方も現実にいらっしゃいます。
パジャマで仕事を推奨している訳ではありません。
リハビリといわれて、数十分から1時間くらいかけて自分で靴下を履かせて、そこで当事者は疲れてこの先何もできない間違いリハビリは横におきます。

下肢障害者にとってスーツに着替える・スーツで動くことは大変です。
杖を使っている方は2本か1本、松葉杖、T字型杖またはロフストランドクラッチです。
そうすると、ロフストランドクラッチが機能的なので使われている方が多いと思いますが、クローズカフタイプを選ぶのでリングの中に腕を通さなくてはなりません。
冬場に厚手の上着を着ていると腕が入らないという不便さがあったり、リングに袖ボタンを引っかけたりして取れることなどあります。

また、通勤途中にイスがあって座ることができれば問題はありませんが、どこでもイスがあるわけではないので、疲れると座れそうなところがあればどこにでも座ってしまいます。
そうすると、ズボンのお尻が汚れたり、場合によってはズボンが何かに引っ掛けてほつれる・破けることがあります。

自走式車いすの使用者は、着替えるのもありますが、スーツ、ネクタイで車いすを自走するとき、明らかに私服より動かしにくいことやタイヤの泥が跳ねて袖口が汚れて慌てて洗うなどの煩わしさがあります。

他にもありますが、そういった理由がある方にとって、世間体や目に見えない常識にとらわれず、自分の意志で服を決めて仕事をするスタイルがSOHOの特徴です。
私の意見ですが、他人のよれよれのスーツを見て、サポート程度の仕事であれば私服の方が良いのではと思います。

障害者が率先して毎日がカジュアルデー


カジュアルデーは、シリコンバレー内の企業が採用したことで米国内に普及し始め、日本でも金曜日だけをカジュアルデーとして取り入れている一部の企業があります。
スーツ、ネクタイに代えて、ポロシャツにジーンズなどカジュアルな服装にして自由闊達な発想を業務のなかで発揮できるようにすることが目的です。

日本では「仕事で勝負する」のではなく、「服装や見てくれを気にする」。
まだ度量が狭く、小事にこだわるのもいますので、障害者が率先して毎日がカジュアルデーにする活動を広めたいと思います。

関連ホームページ

  • 福祉のセレクトショップ伊勢屋
  • 障害者コンサルタント コズミック
  • Pictogtam Art
  • 石倉工房
  • ミニ・ソーラー・ジャパン