HOME > 障害者こころのサポートルーム


障害者こころのサポートルーム

障害者こころのサポートルーム

「仕事と生活の両立を考える」ことで、障害者が勤労意欲や能率の向上を図るといったご提案をします。福利厚生としていかがでしょうか。

「うつ病が風邪のように軽い病気」だという方もいますが、そう簡単なものではありません。
やっかいなのは、こじらせると死(自殺)にも至る病気だということです。
だから、「こころの肺炎」ともいわれています。

日本人の15人に1人が、生涯に1度はうつ病にかかる可能性があるといわれています。
これからも障害者雇用が増え続けていきますので、働く障害者のメンタルヘルス不調を未然に防止することがスマートだと思います。
自己解決・早期受診・再発防止などのお手伝いをします。

精神面や生活面のサポートを行います。


相談者(障害者)の思っている職場での悩みが「合理的配慮」に該当していて、相談者が望んでいるのであれば、私が報告をして改善してもらうことを想定しています。「三方よし」を目指しています。(労働の法律相談ではない)

基本は、相談者の話を聞いて少しずつこころを開き、自分(相談者)の思いをいえるようにします。
ただし、相談者から本音を聞き出せないため、相談内容に関する秘密だけはご了承ください。

開示はできませんが、カルテを作成することで経過を把握できます。(5年間保存 法令に基づき開示することが必要である場合を除く)
毎月の相談件数、相談カテゴリーはご報告します。
すでにうつ病などにかかっているのであれば、早期に治療を受けることをすすめたり、貴社の産業医などと連携した支援を行います。

特徴は、職場の悩みに加え、生活の困りごと相談にも応じることです。
例えば、その人の断れない性格や双極性障害(躁うつ病)は、躁状態のときに散財をしてしまうなど、本人の問題だけでなく、家族や周囲に迷惑をかけてしまいます。
さまざまな契約などのトラブルにあって悩んでいたりまたは被害にあっているのに本人は自覚していないことがあります。

事前に分かれば、被害を未然に防ぐことができますしまたは被害を最小限に抑えることができます。(法律相談ではない)
※法律に関わる事項であれば、相談者のご希望により、私が同席してサポートも行います。(交通費、場所によって宿泊費などの実費・サポート料・法律相談料別)

ピアカウンセリング


あなたに寄り添う相談窓口です。
相談者の秘密は厳守しますので、一人で悩まず安心してご相談ください。
開室日・開室時間は、要事前予約。
電話相談・スカイプ相談(1人毎月3回まで、合計90分以内)
職場面接相談(交通費、場所によって宿泊費などの実費は別)

これ以上は手の内を明かせませんので、相談にてお伝えします。
当然、障害者がカウンセリングをします。
カウンセラーは、ただ障害者だけでは意味がないので、社会人経験があって苦労して努力した方に決めています。

料金(1年契約)


障害者10名以上の契約をする場合(1年契約)1人 4万8千円(税別)
障害者10名以下の契約をする場合(1年契約)1人 6万円(税別)
※印の付いているのは福利厚生を超えてしまうので、相談者に判断していただくことを想定しています。