HOME > 手話指文字・点字プロジェクト


手話指文字・点字プロジェクト

手話指文字・点字プロジェクトとは

「手話指文字・点字プロジェクト」と掲載していますが、「手話指文字プロジェクト」と「点字プロジェクト」も含まれています。

1.更なる手話と点字の普及を目指します。



 

世界にひとつしかない手話指文字・点字シリーズです。

文字と手話指文字と点字を「表示体」として、視覚障害者・聴覚障害者と健常者のコミュニケーションや情報伝達を図るためのツールとして手話指文字・点字シリーズを開発しています。
実用新案登録 第3196605号「表示体」

皆様がよく見かける一般的な日本語で印刷された名刺に、日本式の手話指文字と点字を加えた手話指文字・点字名刺です。
※手話指文字のみ、点字のみの名刺もできます。


福祉のセレクトショップ 伊勢屋の「手話指文字・点字シリーズ」というカテゴリにありますので、お手数おかけしますがご確認ください。

2.障害や生活環境などに応じて、付加価値を付けたツールを開発します。



 

障害者用(メッセージ入り)デザイン名刺

障害を持つ当事者の悩みや問題をスマートに解消します。例えば、筆談カード(名刺)としても活用できます。
聴覚障害者が健常者に筆談カード(名刺)を渡すことによって、当事者であることを知らせ、コミュニケーションの助けになる名刺です。

聴覚障害者が、日常生活もしくは仕事で本題を伝える前に、健常者に筆談をお願いしたいことを説明するのに時間と労力がかかります。
お互いじれったい思いを解消させ、かつ自分の名前・所属などの自己紹介を一度に伝える名刺です。

他にも、吃音症などの障害に応じて、上記のように当事者の思う気持ちをメッセージにすることができます。
また、ネックストラップなどにも入るので、気軽に携帯し、提示することもできます。

3.点字名刺のダンピングともいえる不当な低価格での販売をなくす運動をします。


知っていました?点字名刺を価格だけで選ばないでください。

点字名刺をお使いの方や今後、ご検討されている方に
点字名刺は視覚障害者に点字によって文字を分かってもらうためのツールだけでなく、障害者雇用として点字を打刻する作業もしています。

点字名刺の適正価格はあえて記載しませんが、インターネットで相場を調べれば必ず分かります。福祉は競争原理になじまない分野だと思います。
これからご購入される際は、価格だけで選ばないでご検討いただければ幸いです。

全国にある施設などの影響も考慮すべきです。
点字名刺を販売・点字の打刻のみをされているところでは、相場を調べて事業を始めたり、売れなかったら相場の価格以下に設定したりして、簡単に価格を引き下げる傾向があります。
売り上げが伸び悩み、安易な考えで、何の根拠もない自分のところにだけ集中させる価格または値引きは、単なる価格勝負になってしまいます。

「点字名刺を身近にさせたい」「点字の打刻を障害者雇用としたい」など、我々と同じ気持ちで点字名刺の普及をしていただけるのはありがたいのですが、安易な発想は慎むべきだと思います。
本来であれば、社会福祉の仕事はコストが高く、経済性に合いません。
コスト削減ができるようなので、付加価値を付けて広く点字名刺を持ってもらえるようにアピールしてもらいたいと願っています。

4.手話指文字・点字プロジェクトのロゴ


 

障害者と健常者を結ぶことをイメージした結び目としています。

「結い」のロゴは2種類あります。手話指文字・点字シリーズによって、もっと手話が普及し、聴覚障害者と健常者のこころのバリアフリーができればと願っています。
併せて、点字名刺は普及していると思いますが、これをきっかけにもっと認知され、視覚障害者と健常者のこころのバリアフリーができればと思います。